山本大使によるFujitsu Greenhouse Technology Finland Oyのオープニング式典への出席

11月17日(木)、富士通が当地で立ち上げた新規事業Fujitsu Greenhouse Technology Finland Oyのオープニング式典が開かれ、山本大使が出席しました。同事業は、フィンランド南部Lindkoskiにおいて、地元農場Robbes Little Garden社と協力の下、富士通の農業ICT技術を活用し、フルオートメーションで葉物野菜を中心に通年での生産、販売を行うものです。冬場に新鮮な野菜が不足するフィンランドの事情に対応するもので今後北欧その他各国での応用も可能な農業ICT技術を確立するものでもあります。

式典には大使の他、FinproのスオミCEOも参加しました。大使からは、デジタル・エコシステム構築に直結する試みとして、また日フィン経済関係における「ベースキャンプ」構想具体化の試みとして、この事業を歓迎する旨の挨拶を行いました。