フィンランド一流シェフらを集めた鰹節講習会が開催されました

3月5日、冨田憲男「日本食普及の親善大使」は、当地料理界に最も影響力のあるHans Välimäki氏(フィンランド最高級レストラン「Palace」の料理長)及び株式会社枕崎フランス鰹節との共催にて、鰹節に関する講習会を開催しました(会場:Välimäki氏経営のレストラン「Masu Asian Bistro」)。同講習会には、ミシュランガイド掲載の有名店「Ora Chef & Sommelier」「Savoy」の料理長及び地元客や観光客で賑わう人気店「Glo Kluuvi」「Kuparipaja Fiskars」の一流シェフ、国内随一の料理学校「Perho」、料理コースのある応用科学大学「Laurea」の講師などが集い、出汁の特徴や使用法などに関する説明を熱心に聞き、料理に取り入れることに関心を示していました。
 

ヴァリマキ氏挨拶にて冨田「日本食普及の親善大使」
の任命を祝福

一流シェフらの関心を惹いた枕崎鰹節

出汁取り実演を真剣に見入るミシュランガイド掲載店シェフら
講師による出汁取り実演を興味深く見る著名シェフら
試食を通じ、出汁に関心を示す老舗有名店「Savoy」料理長ら
 

出汁の試食をし、自らの料理への活用に思いを
致す有名シェフら