6.出張領事サービス

当館では,不定期にヘルシンキ外の主要都市への出張し,領事サービスを提供しております。出張先では通常,パスポート申請の受付,パスポートの交付,各種証明申請の受付,在外選挙登録申請の受付を行っております。出張領事サービスの予定は随時トップページの「領事部からのお知らせ」に掲載されますので,御確認ください。

ロヴァニエミ市における領事出張サービス

当館では、以下のとおり、ロヴァニエミ市において領事出張サービスを実施し、パスポート・在外選挙登録申請・証明など各種領事サービスを行いますのでご利用ください。

日 時:
平成30年(2018年) 9月22日(土) 8:00~16:00
平成30年(2018年)  9月23日(日)  8:00~16:00

会 場:
Pohjanhovi ホテル ConferenceRoom LUPPO
(住所): Pohjanpuistikko 2, 96200 Rovaniemi


パスポート、各種証明、在外選挙登録申請に必要な書類は以下のとおりですが、特に証明書を申請する方については事前に当館領事部にお問い合わせいただくか、当館ホームページ(http://www.fi.emb-japan.go.jp/itpr_ja/ryoji-passports.html)でもよくご確認ください。なお、Pohjanhovi ホテル へは、出張サービスの件でお問い合わせなどしないようにお願いします。お問い合わせがある場合は、当館領事部までお願いします。

1.パスポート申請
【必要書類】
(1)一般旅券申請書(会場に用意してあります。)
(2)現在所持しているパスポート
(3)写真1枚 (タテ4.5cm×ヨコ3.5cm、正面、無帽、無背景で6ヶ月以内に撮影のもの)
(4)6ヶ月以内に発行された戸籍謄(抄)本1通 (有効期限内の切替で戸籍上変更が無く、在留届を提出済みの場合は不要です。)
※申請時における注意事項
(1)申請書記入の際、本籍地は番地まで、また日本国内連絡先住所と電話番号が必要となりますので、あらかじめ調べておいて下さい。
(2)20歳以上の方は、有効期間10年用又は5年用のパスポートのいずれかを選択して申請できます。20歳未満の方は5年用のみです。
(3)未成年者(20歳未満)が申請する場合には、法定代理人の承諾が必要ですので、申請書裏面の法定代理人署名欄に署名願います。

2.パスポート交付
 パスポートの受取には申請者ご本人がお越し下さい。(申請者が乳幼児でも代理人(親等)の受領ができませんのでご注意願います。)
手数料はこちらから御覧ください
(現金のお支払いのみを受け付けております。クレジットカード等でのお支払いはできません。おつりの用意もできないため,ちょうどの支払いでお願いします。ご理解よろしくお願い致します。)

※事前に申請書を請求する方法
 事前に申請書の受領を希望される方は、1.1ユーロの切手を貼った返信用の封筒(9×12インチ)を同封し、適当な用紙に次のことを明記したうえで当館宛に請求してください。
(1)申請者の年齢
(2)20歳以上の方は、希望する有効期間(10年用か5年用)
(3)枚数

パスポートの申請用紙はダウンロードも可能です。

3.各種証明申請
 出生、婚姻、離婚、旅券所持、在留証明に係る発給申請手続きに必要な書類等は以下のとおりです。必要な書類が不足している場合は、証明書の発給ができませんので、必要書類をよくご確認のうえ手続きをお願いいたします。
なお、証明書の郵送による交付は行っておりませんので(公的年金受給手続きのための在留証明を除く)、9月22日(土)及び9月23日(日)に申請のあったものは大使館窓口での交付になりますのでご注意願います。
また、一部の証明について事前に郵送での申請を受け付けておりますので、詳しくは当館領事部までお問い合わせ下さい。
【申請に必要な書類】
(1)生、婚姻、離婚証明申請
(ア)現在所持している有効なパスポートまたは本人の写真がついた公的機関発行の身分証明書とそのコピー
(イ)出生、婚姻、離婚事実を立証する日本の公文書(戸籍謄(抄)本。婚姻証明については3ヶ月以内、離婚証明については6ヶ月以内の出来る限り新しいもの)とそのコピー
(2)在留、署名証明申請
(ア)現在所持している有効なパスポートとそのコピー
(イ)現住所を証明できるフィンランド公共機関の発行する文書(納税証明書、家屋の賃貸契約書、電気・水道等公共料金請求書等のいずれか点)の原本とそのコピー。
(3)恩給・年金の受給手続きで証明書に本籍地の記載が必要ない場合の申請に必要な書類。
(ア)現在所持している有効なパスポートとそのコピー
(イ)裁定請求書・年金証書・日本年金機構からの通知書(現況届けなど)とそのコピー
(ウ)現住所を証明できるフィンランド公共機関の発行する文書(納税証明書、家屋の賃貸契約書、電気・水道等公共料金請求書等のいずれか1点)の原本とそのコピー
手数料はこちらから御覧ください
(現金のお支払いのみを受け付けております。クレジットカード等でのお支払いはできません。おつりの用意もできないため,ちょうどの支払いでお願いします。ご理解よろしくお願い致します。)

4.在外選挙登録申請
 在外選挙の投票には、在外選挙人名簿への登録が必要ですので、この機会に手続きをお願いいたします。
【登録資格】
満18歳以上の日本国民(フィンランドへの帰化等により日本国籍を失った方は対象になりません)で、フィンランドに住所を有する方。
【申請に必要な書類】
(ア)有効なパスポートまたは本人の写真がついた公的機関発行の身分証明書
(イ)フィンランド国内に住所を有することを証明する書類(例:公共料金の請求書等。)
※当館に既に在留届を提出されている方は不要です。

また、在留届によって届けられている同居家族であれば、同居の家族による登録申請が可能です。代理申請の手続きの詳細は当館領事班、又は当館ホームページでご確認ください。
なお,すでに国外にお住まいで在外選挙人証をお持ちの方が、一時帰国などで国内の市区町村に一時的に転入届を出した場合、これまでは在外選挙人名簿から抹消されてしまっていました。本年6月1日以降は、在外選挙人名簿登録先の市区町村に転入後、4か月以内に他の市区町村に転出することなく、再び国外に転出した場合は、在外選挙人登録は抹消されないこととなりました。
 
 すでにフィンランドにお住まいの方はこれまでどおり在外選挙人名簿登録申請を受け付けています。
詳しくは当館のホームページ こちら をご参照ください。


その他の証明や手続き関係など、不明な点につきましては、事前に当館領事部までお問い合わせ下さい。
連絡先はこちらから御覧いただけます。