「境界をたどる(Tracing Boundaries)」展のオープニング

2021/10/27
10月26日、エスポー現代美術館(EMMA)において、同美術館及びサースタモイネン財団の協力の下、塩田千春氏による「境界をたどる(Tracing Boundaries)」展のオープニングが開催され、スクリーン上で村田大使からの挨拶が流されました(挨拶はこちら)。
 
塩田千春氏は2015年にはヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展で日本代表に選出された他、2019年の東京森美術館で開催された個展では延べ約67万人が訪問し大きな反響を呼ぶなど国内外で活躍される著名な現代美術家です。
 
塩田千春氏のフィンランドでの個展は今回が初めてです。340kmの赤い糸を用いた「境界をたどる(Tracing Boundaries)」展は10月27日から来年11月27日まで開催されます。